散り椿
散り椿
09月28日より上映
CHECK
名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。
STORY
享保15年。藩の不正を訴え出たために、
時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』というものだった。
新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵で
もあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。
(C)2018 「散り椿」製作委員会